HOME > ブログ > 症状別 > え!五十肩は感染症なの?~五十肩の原因と対処法~

ブログ

< お腹からくる頭痛  |  一覧へ戻る  |  整体師が教える、実は重さは存在しない簡単に物を軽くする方法! >

え!五十肩は感染症なの?~五十肩の原因と対処法~


「え!五十肩は感染症なの?~五十肩の原因と対処法~」

目次
  • はじめに
  • 五十肩とは
  • 五十肩の特徴
  • 五十肩の不思議
  • 五十肩の真の原因
  • 犯人は誰だ!
  • 疼きを止めろ!
  • まとめ


はじめに

五十肩、原因で調べると加齢に伴う変形や使い過ぎの記述が目立ちます。

医大や施術所などのホームページを見ても同じような説明がほとんどです。じん帯がなんちゃらかんちゃらと・・・。まずは、五十肩に対する正しい知識を入れましょう。


 

五十肩とは

五十肩は、俗に四十肩とも呼ばれ肩関節の痛みです。症状の特徴から「氷結肩」と言うのが医学的な呼び名です。

なぜ氷結肩と呼ばれるのでしょうか。これは、五十肩の発症と治り方に特徴があるからです。


 

五十肩の特徴

五十肩は、ある日突然に肩を動かしていると激痛が走り肩が上がらなくなる症状です。五十肩は特異な症状の経過を辿る特徴があります。

 

  1. 突然の激痛と共に肩が上がらなくなり発症
  2. 動かすと激痛があり、夜間痛がある
  3. 2ヵ月ほどで夜間痛はなくなり、痛みが緩和する
  4. 肩は上がらないが、痛みはほとんどなくなる
  5. 6ヵ月から長くて2年するとある日突然と治る

突然と始まり、突然と治るさまから「氷結肩」と呼ばれます。
 

五十肩の不思議

1.原因が加齢であるなら、突然と治る訳がありません。加齢なら治らないはずです。
2.靭帯や関節軟骨などの機能性に問題があるなら、夜間痛の説明が矛盾します。五十肩は、使っていな睡眠時に疼いて
日中は疼くことはありません。冷静に考えて、使っていない夜に疼くなんてこれも説明がつきません。
3.肩が上がらないのに痛みがなくなるなんて、どこか悪いなら痛みがなくなるはずがありません。

多くの記述にある原因とされている、加齢や関節周辺の筋肉、軟骨などはあくまでも仮説です。実は原因不明とされています。

 

五十肩の真の原因

五十肩の真の原因に迫ります。最大の特徴が夜間痛です。この夜間痛こそが、原因を紐解くカギとなっています。

日中は、活動によるさまざまな負担が増えるため血流や血圧など夜間にくらべ高く維持されています。しかし、睡眠中は血流・血圧共に下がり体温も下がります。免疫力も下がるんです。

免疫力が下がっているときに、活動するのがウイルスおよび細菌です。体内に感染したウイルスや細菌は、免疫の届きにくいところにコロニー(巣)を作ります。
日中は血流・血圧が高いため免疫が上がっていて活動が抑えられます。ですから、寝付いて免疫力が下るころに活動が活発化する訳です。その結果、痛覚が刺激され疼きます。

そう五十肩の原因は、ウイルスまたは細菌ということです。コロニーの維持は、期間があり最大に達するとコロニーは突然と崩壊します。だから、突然と治るんです。
体は、コロニーの拡大を防ぐため、肩関節周囲の筋肉を硬直させます。そのため腕が上がらなくなります。

 

犯人は誰だ!

ウイルスまたは細菌が、肩まで行く侵入経路があるはずですね。肩関節にどのようにウイルスまたは細菌が感染するのでしょうか。これが分かれば、犯人が分かるはずです。

実は、肩関節のリンパは、首や顎のリンパと繋がっており口腔内リンパと肩関節のリンパの区画が同じなんです。もし、口腔内に出血があれば、そこが扉となり侵入経路となって肩関節に届いてしまうことになります。口腔内の出血を伴う主な疾患は、40代~50代に多くなる歯周病です。歯周病による出血か所から侵入されることになる訳です。

そして、犯人はそのまま歯周病菌
=ギンギバリスが真犯人です。

出血している歯ぐきは、言わば体内への扉を開いている状態です。また歯周病以外でも口腔内の出血が起こる場合として、歯槽膿漏などで歯ぐきが弱くなるり出血した場合です。同じように歯周病菌がそこから侵入します。

口腔内の出血で一番多いケースは、歯医者さんでの治療です。実は、歯医者さんに通い始めたころから五十肩になった人が多いんです。

治療により、出血した所から歯周病菌が体内に侵入してしまうのです。もちろん、歯医者さんは口腔内をキレイにしようと思って治療しています。でも、肩の心配まではさすがに出来ません。意外な医原性によるきっかけで、五十肩になる人が多いんです。

 

疼きを止めろ!

五十肩になってしまったらまず、疼きをとめることが最優先です。早い段階でギンギバリスを退治しましょう!

口は、一番ウイルス・細菌にさらされている場所です。
口から入ってくるものに対して使われている免疫力は
80%近くあると言われています。口が汚れているせいで、免疫力の使い過ぎとなり、抵抗力がなくなったころに、歯周病が重なると五十肩になります。


免疫力が下がっている以上はとにかく、口を清潔に保つことで、疼きを止めることが出来ます。

整体院よらくのオススメは、バルサミコ酢によるうがいです。熟成していない若いバルサミコ酢がよいでしょう。とてもすっぱくて、その酸っぱさがギンバリギスを退治してくれます。

一対一でバルサミコ酢と水で割ります。それで、うがいをするだけです。茶色い苔みたいなものが、いっぱい出てきます。
それは、ウイルス・細菌の死がいです。うがいを始めて、2・3日で疼きは治まります。

夜間がなくなったら、とにかく免疫力を上げることを優先し、肩を出来るだけ動かしましょう!そうれば、整形外科や整骨院で治療してもらうよりも早く回復できます。

 

まとめ

原因が知られていない症状は多くあり、それらが実はウイルス・細菌性の感染症状であるケースは少なくありません。知られているケースでは、肋間神経痛が有名ですが、ウイルス性の坐骨神経痛はほぼ知られていません。

ウイルス性の筋・骨格系障害は、知識がないと全くもって見当違いの施術をしてしまいます。整形外科や整骨院の先生はなんとか五十肩を治そうとしてくれますが、残念ながらこの事実は周知のされておらず、たいていは通院自体がムダとなっています。ほぼ治療の効果でなく自然治癒による回復です。ですが、大雑把な診断で夜間痛もないのに五十肩と診断されるケースも多いため、夜間痛があるかないかを判断基準としてください。


ちなみに歯周病菌のギンギバリスは、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)の原因にもなるかなり危険な奴なんです。ですから、まず五十肩になったら歯医者に相談して歯周病の検査・治療を受けることをお勧めします。

余談
とある整骨院に五十肩で通っていた患者さんが、まったく治る気配がしないことに先生を責めたことがあったそうです。半分やけになって先生が「激痛に耐えれるなら、一瞬で動くようにできる」と言ったことで患者さんも「できるなら、やってよ」となり、思いっきり腕を引っ張り肩をあげさせて、激痛とともに腕は上がるようになったそうです。数日で五十肩は元に戻って、上がらなくなったとのこと。歯周があればそりゃ戻ります。


【整体院よらく】では、五十肩に対してのみ行う特殊なアプローチがあります。そのアプローチにより整体で疼きを止めます。整体と足つぼマッサージを行い免疫力を上げる施術をすることで1ヵ月かからず改善できますよ。

★★おすすめの施術★★
よらく流整体&足つぼ松コース
であれば余程免疫力が下がってない限り1回の施術後1~2週間アドバイスを守るだけで大丈夫です。
もしくは竹コースを3~5回受けていただくと良いでしょう。


「整体院よらく」は、さまざまな不調に対応いたしております。
ご自身の不調が適応症かご不安な方は、
お気軽にお問い合わせくださ。

〒830-0039
福岡県久留米市花畑3-14-2
整体院よらく
090-9409-8889
⇩⇩お得なクーポン⇩⇩
ご予約はこちら
LINE限定のポイントカードも付いています。
友だち追加
 


カテゴリ:

< お腹からくる頭痛  |  一覧へ戻る  |  整体師が教える、実は重さは存在しない簡単に物を軽くする方法! >

同じカテゴリの記事

反感覚悟!?生理痛を根本から解決できないって人へ

    
こんにちは、久留米の整体院よらくの山本です。
昔っから整理整頓が大好きでした。綺麗に使いやすくが
心地よかったのに・・・ある時から整理整頓が面倒に
感じ始めました。
そう、ペットを飼い始めてから・・・。
「散らかってるのが当たり前」の認識になりそうで怖い。
綺麗なのが当たり前なのか・・・。
散らかっているのが当たり前なのか・・・。
当たり前と思っていることでも、実は
逆が当たり前ってこと少なくないですよね。
え?私だけですかね??
今日は、生理痛を例に挙げて
「当たり前に思ってはいけないよ」って話です。


反感覚悟!?生理痛を根本から解決できないって人への続きを読む

うつ病と季節の関係

こんにちは、久留米市の整体師 山本です。
寒暖差のある3月は、低気圧の影響で自律神経が
乱れる方も多い季節。
今日は、うつ病と季節の関係についてのお話です。


うつ病と季節の関係の続きを読む

腰痛持ちの人は、お風呂好き。お風呂が腰痛を誘発している!?


こんにちは、久留米市「整体院よらく」の山本です。
お風呂 腰痛と検索する腰痛に効果的な入浴法が
ヒットします。ですが、実はお風呂が腰痛を誘発
しているというお話です。


腰痛持ちの人は、お風呂好き。お風呂が腰痛を誘発している!?の続きを読む

知られていない寝姿勢と股関節痛の関係

   
こんにちは、久留米市の整体師 山本です。
整体をしていて多くの方が密かに悩んでいる内容です。
今日は、お客さんから良く相談される寝姿勢と
股関節痛の関係につていのお話。



知られていない寝姿勢と股関節痛の関係の続きを読む

肩こりはマッサージで治るのか



こんにちは、久留米市の整体師 山本です。
今日のお話は、肩こりはマッサージで治るのでしょうか。
というお話です。


肩こりはマッサージで治るのかの続きを読む

このページのトップへ