HOME > ブログ > 症状と原因を理解する > 前頭部が痛い頭痛

ブログ

< 整体の効果を引き出す、受けた後に必ず摂取すべきもの  |  一覧へ戻る  |  薬物乱用頭痛とは >

前頭部が痛い頭痛


「前頭部が痛い頭痛」


前頭部が痛い頭痛は、

ほとんどの場合


鼻の炎症が原因となります。


重たく痛い感覚で、集中力を奪われやすく

痛み止めが効かないことも多い頭痛です。


感冒やアレルギー性鼻炎や花粉症などで

鼻に炎症があると副鼻腔炎(旧蓄膿症)を起こし


副鼻腔とは、4つ×左右=8つ
 上顎洞(じょうがくどう)
 篩骨洞(しこつどう)
 蝶形洞(ちょうけいどう)
 前頭洞(ぜんとうどう)

いずれかに膿が溜まった状態にあり

前頭部の痛覚が反応してしまい

頭痛が生じます。




整体院よらくでどのような施術を受けられるのか


頸椎全体の調整と胸椎10番の矯正が必要です。

それと必ず、足裏療法(足つぼ)を行います。

鼻・前頭洞・腎臓の反射区をしっかりと揉みます。

その場で痛みは緩和します。前頭部に頭重感が残る場合でも

その後朝晩と自分で反射区を揉めば必ず治まります。

↓前のページに戻れます↓

頭痛が始まるタイミングで原因と症状がわかる

 

カテゴリ:

< 整体の効果を引き出す、受けた後に必ず摂取すべきもの  |  一覧へ戻る  |  薬物乱用頭痛とは >

同じカテゴリの記事

股関節の痛みや可動域制限の問題について


「股関節の痛みや可動域制限の問題について」


目次
・はじめに
・股関節の構造
・股関節の痛みと原因
・股関節痛、可動域制限(減少)にみる男女差
・股関節痛になりやすい人の特徴
・股関節の可動域の広げ方
・よらく流整体での治し方
・まとめ


股関節の痛みや可動域制限の問題についての続きを読む

「ぎっくり腰」独自の分類と対処法と整体による施術効果


「ぎっくり腰」独自の分類と対処法と整体による施術効果

目次
・はじめに
・ぎっくり腰とは
・ぎっくり腰の分類
・ぎっくり腰になりやすい人の習慣
・ぎっくり腰が癖になるとは
・ぎっくり腰は時期がある
・ぎっくり腰の対処法
・よらく流整体での治し方
・まとめ


「ぎっくり腰」独自の分類と対処法と整体による施術効果の続きを読む

五十肩の知られていない真の原因とは


「五十肩の知られていない真の原因とは

目次
・はじめに
・五十肩とは
・五十肩の症状の特徴
・五十肩の真の原因
・疼きを止める
・まとめ


五十肩の知られていない真の原因とはの続きを読む

お腹からくる頭痛

「お腹からくる頭痛」


全く頭痛とは関係ないと思えるお腹。

しかし、女性の頭痛に多いんです。

生理時や室内で安静にしていたのにくる頭痛


お腹が原因かもしれまん。

これは、ホルモンと神経伝達物質が関係しています。

お腹からくる頭痛の続きを読む

薬物乱用頭痛とは

「薬物乱用頭痛とは」


ほとんどの人が知らない「薬物乱用頭痛」

初耳の方も多いかと思います。


この薬物乱用性頭痛は、長年頭痛持ちで

薬への依存があり、痛み止めの使用頻度が多く、

頭痛の原因が薬そのものになっているケースです。


薬物乱用頭痛とはの続きを読む

このページのトップへ