HOME > ブログ > 不妊整体で妊活応援 > 不妊症の医学的原因

ブログ

< 整体の疑問と不安Q&A 整体院よらくが答えます!  |  一覧へ戻る  |  久留米市花畑の「整体院よらく」公式Webサイトを開設 >

不妊症の医学的原因

まずは、不妊症の医学的原因を知ることが大切です。 




不妊症の原因



WHOによると男女の不妊症割合は以下。

女性側  41%
男性側  24%
男女共  24%
原因不明 11%





女性の不妊症の原因



女性側の不妊症の原因は、原因が特定できるの「器質性不妊」と原因が特定できない「機能性不妊」分けられます。

・器質性不妊
 排卵因子、卵管因子、子宮因子、頸管因子、免疫因子

・機能性不妊
 原因不明不妊



器質性不妊

1.排卵因子
  月経周期が25~35日から外れると月経不順による排卵障害の疑いがある
  若いうちに過度なダイエットやスポーツをして体脂肪を落とした経験がある人に多い

2.卵管因子
  クラミジア感染による卵管閉塞や卵管周囲の癒着により、卵子を卵管に取り込めない状態
  極度な月経痛の方には、子宮内膜症の疑いがあり炎症により卵管周囲の癒着を起こしている人も多い

3.子宮因子
  子宮筋腫により着床障害を起こす。粘膜下筋腫はとくに着床障害を起こしやすい。

4.子宮頸管因子
  子宮頸部の炎症により精子が子宮内に貫通しにくくなる。子宮の奇形や手術などの影響による炎症。

5.免疫因子
  免疫異常による抗精子抗体、精子不動化抗体により精子の活動を抑制



機能性不妊

1.原因不明不妊

  原因が特定できない不妊症は全体の3/1を占めています。検査で原因が特定できない場合はこれにあたる。




男性の不妊症の原因



男性の不妊症の原因は、性機能障害、造精機能障害(精液性状低下)、精路通過障害に分けられます。


1.性機能障害
  勃起不全いわゆるインポテンツ(ED)、勃起はしても膣内で射精できない射精障害。
  糖尿病など生活習慣病は、逆行性射精や無精液症を来す場合がある。
  
2.精液性状低下(軽度から中等度)
  精巣上体で精子が作られる過程で、精子の奇形や運動能力低下を来し受精率が低下する。

3.精液性状低下(重度・無精子症)
  精子の数が通常の1/100以下、運動率が20~30%の場合は重度の精液性状低下です。
  造精作用のホルモンの分泌低下、おたふく風邪(耳下腺炎性精巣炎)によっても
  重度の精液性状低下が見られることがあります。
  射精された精液に全く精子が見られない状態です。精子は作られているのに精液中に精子が出ない
  閉塞性無精子症もあります。鼠径ヘルニア手術後の影響や染色体異常などもあります。
  
4.精路通過障害
  性感染症により尿道や精巣に炎症が起こり、精路通過に障害を来す。


 
 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

月経を正しく理解すれば、月経障害はなくなる

整体の疑問と不安Q&A 整体院よらくが答えます!

 

カテゴリ:

< 整体の疑問と不安Q&A 整体院よらくが答えます!  |  一覧へ戻る  |  久留米市花畑の「整体院よらく」公式Webサイトを開設 >

同じカテゴリの記事

生理痛があることは、当たり前ではない!


生理痛があることは、当たり前ではない!


目次
・はじめに
・生理痛は社会問題
・生理痛が一度もない人は稀
・生理痛の原因と対処法
・まとめ


生理痛があることは、当たり前ではない!の続きを読む

不妊治療と助成金について理解する


「不妊治療と助成金について理解する」


久留米市花畑の「整体院よらく」姿勢動作研究指導家の山本です。



不妊治療費の高額化は、医療が商売になっている証拠。

ガン治療も商売になっている。

単純に儲かるから。儲け主義の医療に腹が立ちます。

まずは、どのくらい費用はかかるのでしょうか。



不妊治療と助成金について理解するの続きを読む

月経を正しく理解すれば、月経障害はなくなる


月経を正しく理解すれば、月経障害はなくなる


整体師・姿勢動作研究指導家の山本です。


今日は、「月経」について
のお話です。

月経を正しく理解すれば、月経障害はなくなるの続きを読む

知っておくべき妊娠できなくなる人の特徴と体質改善の意味


「知っておくべき不妊症で妊娠できない人の特徴と体質改善の意味」


久留米市の整体、整体師・姿勢動作研究指導家の山本です。




齢的に早く妊娠したい。子供が欲しい。

だから不妊治療に数百万円の費用をかけている。

この話は日本に限らず増えています。

急増ってぐらいに多いです。


知っておくべき妊娠できなくなる人の特徴と体質改善の意味の続きを読む

このページのトップへ