HOME > ブログ > 不妊整体で妊活応援 > 知っておくべき妊娠できなくなる人の特徴と体質改善の意味

ブログ

< 仕事をしていると出てくる頭痛  |  一覧へ戻る  |  禁止されているうさぎ跳びは筋力強化ではない! >

知っておくべき妊娠できなくなる人の特徴と体質改善の意味


「知っておくべき不妊症で妊娠できない人の特徴と体質改善の意味」


久留米市の整体、整体師・姿勢動作研究指導家の山本です。




齢的に早く妊娠したい。子供が欲しい。

だから不妊治療に数百万円の費用をかけている。

この話は日本に限らず増えています。

急増ってぐらいに多いです。


まず初めに、不妊症の人は慌てずに少し冷静になる必要があるかと思います。

それは、不妊症に至る原因を知ることです。


不妊症には、様々な要因があります。不妊症の多くは、健康状態に起因しています。

検査では原因不明となる子宮卵巣系以外の不調により妊娠できない状態に陥っているケースです。

月経痛や月経不順がある方は、症状を長引かせてしまうと妊娠しにくい体になっていきます。



妊娠できなくなる人の特徴



若いうちは、妊娠できるが経年的に妊娠ができなくなる人の特徴。

1.慢性的に足の冷えやむくみが起こる
  慢性的に下肢に血流障害を起こしていると子宮周辺の血流が悪くなり、さまざまな婦人科系疾患になります。

2.低体温 36℃以下
  基礎体温が低いと身体全体の機能が下がり、免疫系に異常を及ぼします。
  ホルモンバランスの乱れにも繋がります。

3.慢性的な腰痛がある

  腰椎の負担が増えると生殖器への神経伝達が悪くなります。
  毛細血管系の循環不良を来し、さまざまな婦人科系疾患につながります。

4.月経障害
  月経を正しく理解すれば、月経障害はなくなるを参照



体質改善のポイント



不妊にならないために体質改善を行い、妊活を早期に取り組むことが大切です。

1.下半身の不調をなくすこと
  足の冷えやむくみをなくすことで、子宮周辺の血流を上昇させる。
  
  
2.基礎体温を36.5℃まで上げること
  基礎体温が36.5℃まで上がると免疫系が正常に働きます。
  ホルモンバランスが改善され、月経周期が安定します。

3.腰の不調をなくすこと

  腰や坐骨神経痛がなくなると子宮卵巣系の血管が正常に機能します。


4.月経障害を改善させる
  月経障害は、上記の原因を含むことも多く、さまざまな要因が重なっていることも
  少なくありません。
  詳しくは、月経を正しく理解すれば、月経障害はなくなるを参照ください。



まとめ



単に子供が欲しいだけであれば自身の体調・生まれてくる子供の健康は無視して

高額な不妊治療を受けてもよいと思います。


でも、あなたが妊娠できる状態であれば、こう考えるはずです。

「健康で丈夫な子を生みたい!」


不調が多い体から生まれた子は、不調が多くなります。

それが自然です。厳しいようですが、「トンビは鷹を産めません」


ですから単に子供を欲するのではなく、少し冷静になって

子供の将来のためにも自信の健康状態を向上させることが大切です。


健康は人生に大きな影響を与えます。

だからこそ単に子供が欲しいという感情で、焦って高額な不妊治療に走る前に

慌てずに焦る気持ちを抑え、自信が健康になってから子供を授かる準備をしてはいかがでしょうか。


自身の生活を見直して、まずは自身の不調を減らし体質改善に取り組んでみてください。

 
 

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

月経を正しく理解すれば、月経障害はなくなる

整体の疑問と不安Q&A 整体院よらくが答えます!


カテゴリ:

< 仕事をしていると出てくる頭痛  |  一覧へ戻る  |  禁止されているうさぎ跳びは筋力強化ではない! >

同じカテゴリの記事

生理痛があることは、当たり前ではない!


生理痛があることは、当たり前ではない!


目次
・はじめに
・生理痛は社会問題
・生理痛が一度もない人は稀
・生理痛の原因と対処法
・まとめ


生理痛があることは、当たり前ではない!の続きを読む

不妊治療と助成金について理解する


「不妊治療と助成金について理解する」


久留米市花畑の「整体院よらく」姿勢動作研究指導家の山本です。



不妊治療費の高額化は、医療が商売になっている証拠。

ガン治療も商売になっている。

単純に儲かるから。儲け主義の医療に腹が立ちます。

まずは、どのくらい費用はかかるのでしょうか。



不妊治療と助成金について理解するの続きを読む

月経を正しく理解すれば、月経障害はなくなる


月経を正しく理解すれば、月経障害はなくなる


整体師・姿勢動作研究指導家の山本です。


今日は、「月経」について
のお話です。

月経を正しく理解すれば、月経障害はなくなるの続きを読む

不妊症の医学的原因

まずは、不妊症の医学的原因を知ることが大切です。 




不妊症の原因



WHOによると男女の不妊症割合は以下。

女性側  41%
男性側  24%
男女共  24%
原因不明 11%


不妊症の医学的原因の続きを読む

このページのトップへ