HOME > ブログ > 妊活のコツ > 妊活には、お腹を減らすこと

ブログ

< 妊活中の体の負担の減らし方  |  一覧へ戻る  |  妊活中は冷やさない温めない >

妊活には、お腹を減らすこと

お腹を減らすと体に起こること


健康の秘訣は、七腹分目

これは、最新の科学からも証明されている事実です。哺乳類の多くが、カロリーコントロールを80%以下で抑えると細胞のミトコンドリアの活性化が起こり、細胞の寿命が長くなることが分かっています。

もちろん、人も例外ではありません。体のポテンシャルを引き出すには、このカロリーコントロールが必要不可欠な要素。日ごろから、食べ過ぎを抑える工夫が大切です。
 

空腹を抑える

空腹を抑えには、歩くことです。交感神経と副交感神経のバランスを整える作用があります。足裏の刺激が多い人は無駄な空腹がなくなります。空腹を抑えられるようになると、体のポテンシャルが引き出されて、エネルギー消費効率があがります。難しい話になるとATP解糖系などの話になってしまいますので、ここでは割愛させてもらいますね。
 

エネルギー消費効率が上がる

クルマの燃費が上がるのと同じ意味で、体のエネルギーの消費が抑えられる形になり、体に蓄えられている栄養を使えるようになります。これは単純に、妊娠中に胎児へ送る栄養が増えることを意味します。これが、妊娠中の大切な要素です。
 

まとめ

女性は体の機能として、男性よりも内臓(卵巣・子宮)が多いためにエネルギーを消費しやすく、妊娠のために脂肪を蓄えやすい体です。この2つのポテンシャルを正常に引き出すことで、妊娠のできる体への変わるためのエネルギーの効率化を図ることがよらく流妊活法です。


カテゴリ:

< 妊活中の体の負担の減らし方  |  一覧へ戻る  |  妊活中は冷やさない温めない >

同じカテゴリの記事

妊活中は楽しいを増やすこと

妊活中は楽しいを増やすこと


妊活中は楽しいを増やすことの続きを読む

妊活中は冷やさない温めない

妊活中は冷やさない温めない


妊活中は冷やさない温めないの続きを読む

妊活中の体の負担の減らし方

妊活中の体の負担の減らし方


妊活中の体の負担の減らし方の続きを読む

そろそろ子供が欲しい

そろそろ子供が欲しい


そろそろ子供が欲しいの続きを読む

流産したことがあり不安

流産したことがあり不安


流産したことがあり不安の続きを読む

このページのトップへ