HOME > ブログ > 肩こり > 肩こりはマッサージで治るのか

ブログ

< 構造医学とは~よらく流整体の医学~  |  一覧へ戻る  |  知られていない寝姿勢と股関節痛の関係 >

肩こりはマッサージで治るのか



こんにちは、久留米市の整体師 山本です。
今日のお話は、肩こりはマッサージで治るのでしょうか。
というお話です。



肩こりは、日本人にとって国民病と言っても過言ではない症状。

肩こりは、肩から背中にかけてまた、首にかけて強い張り感を感じる症状です。

自分で、肩をマッサージ、または叩いてみたりして対処していませんか?


誤った対処法をしていると慢性化が進み、症状が悪化してしまうんです。

頭痛や吐き気を伴うようになり、動けなくなる方もいるほど。


人にやってもらう方が気持ちいいとマッサージ屋さんに通って

対処してもらっている方も少なくないでしょう。


実は、肩こりで凝り固まってる部分をマッサージや叩く行為は、誤った対処です。

自分でしても他人がしても筋肉に及ぼす結果は同じです。


筋繊維が壊れ、毛細血管が壊れます。リンパ管も壊れます。

肩こりをマッサージすることは、肩の細胞を傷つける行為でしかありません。


では、どう対処すればよいのでしょうか。

動かせばいいのです。

肩こりが起こるのは、同じ姿勢を続けていることが根本原因です。

筋肉の収縮が長時間続くと弛緩しずらい状態になります。

この弛緩しずら状態が肩こりです。


厳密に肩こりを説明すると筋肉の付着部位である起始停止が同一距離を維持して、

一定の筋収縮を続けていることで、筋弛緩が出来なくなり生じる筋弛緩の障害です。


だから凝り固まったままになるんです。ですから、対処は簡単です。

マッサージしても、叩いても起始停止の位置関係は変化ありません。

この起始停止を動かせば強制的に筋肉は弛緩します。


肩こりに効果的な動きは、

背伸び・肩甲骨の引き締め・体幹の捻りです。

この動きの時に首を左右・上下にゆっくり動かすことで、起始停止が動きます。

複合的に体を連動させることで、肩こりが解除されます。


特に、動く際に注意すべき点があります。

それは、痛みのない方に動かすことです。そして、呼吸を止めないこと。


肩こりはマッサージでは治らないと断言できす。一時的な効果を求めるのではなく、

根本原因から解決していくことが正しい対処法です。


もちろんですが、極端な猫背で腕を前に出していれば、症状は重くなるでしょう。

負担を掛けない工夫も必要ですよ。

ブログの内容が良ければ「いいね」「シェア」お願いします。

カテゴリ:

< 構造医学とは~よらく流整体の医学~  |  一覧へ戻る  |  知られていない寝姿勢と股関節痛の関係 >

このページのトップへ