HOME > ブログ > 身体の雑学 > 「けんびき」ってなに?けんびきが痛いというお年寄り。

ブログ

< 身体のバランス感覚を高める方法  |  一覧へ戻る  |  構造医学とは~よらく流整体の医学~ >

「けんびき」ってなに?けんびきが痛いというお年寄り。

こんにちは、久留米市の整体師 山本です。
今日は、ちょっとした雑学をご紹介。

セラピストなら聞いたことがあるかもしれません。

「けんびき」という言葉。

田舎に行くとおじいちゃんやおばあちゃんから

「けんびきが痛いから揉んでほしい」と言われ

お小遣い稼ぎに揉んだ人もいるのではないでしょうか。


けんびきってどこ?と聞くと、

大抵は肩甲骨の間あたりを言う人が多いので、

肩甲骨の間を「けんびき」って言うのかと思いがちです。

肩引と勝手に当て字を考える人もいるかもしれません。


けんびきを正確に説明できる人はとても少ないんです。

実は、「けんびき」とは、体の部位でなく症状のこと。


えーっ!??

て感じですが、


漢字で書くと「痃癖」(けんぺき)と書きます。

「痃」は筋肉が引きつる病の意味。「癖」とは偏りがある意味。


多くは、首や肩から背中にかけて生じた筋肉の緊張からくる症状を指します。

今でいうところの「肩凝り」が「痃癖」です。

読みが、音変化して「けんぺき」ではなく「けんびき」と

発音され、「けんびき」という発音から「肩引」と

誤認されたようです。


ちなみに「肩凝り」と言われ始めたのは、

1910年以降だという説が一般的。


「指で圧してみると、頸と肩の継目の少し

背中へ寄った局部が、石のように凝っていた。」

夏目漱石の
小説『門』の一節に登場した表現が

肩凝りの語源だと言われています。




カテゴリ:

< 身体のバランス感覚を高める方法  |  一覧へ戻る  |  構造医学とは~よらく流整体の医学~ >

同じカテゴリの記事

イチロー引退!反射神経と動体視力の関係

    
こんにちは、久留米の整体院よらくの山本です。
残念です。イチローが引退なんて。
結局、会見ではハッキリと引退理由は明かしていません。
でも、動体視力が落ちているのは明白かと。
まぁ引退と関係があるのかは、別として
今日のお話は、反射神経と動体視力のお話です。
スポーツをしている人やお子さんにスポーツを
させている人は必読です。


さすがイチロー選手

相変わらずに、レイザービームは健在でしたね。

なので、運動能力は高水準のまま。

でも、反射神経が働いていないように感じました。


実は反射神経は、運動能力と比例関係にはなく、

動体視力に比例しています。

反射神経は、運動能力とはほぼ無関係と

言っても過言ではありません。


ある実験の話です。

速読が優れている女性にピッチングマシーンで

時速160㎞の球を打ってもらいました。

その女性は40才前後で、野球経験はゼロ。

さらに運動能力はさほど高くない。

スイングの仕方を見れば一目瞭然。

でも、すべて打ち返したんです。

しかも、いい当たりが多かった。


要は、動いている物が鮮明に見えていれば、

体は反応できる。だから、鮮明に見えていなければ、

体は反応できない。

まぁ、当たり前のことですよね。


運動能力を高めても動体視力を必要とする運動には

動体視力が低いと運動能力は使えないんです。


どんなにスイングの練習をしても、見えていなければ

打ち返すことは出来ません。

鮮明さが欠けていれば、勘や推測で埋め合わせしないといけません。


動体視力が高い=反射神経がいい
反射神経がいい=動体視力が高い


では、動体視力を高めるにはどうしたら良いのか。


簡単です。


とにかく本を速く読み終えること。

そうです。動体視力を高める方法は、速読が一番。


プロスポーツ以外のスポーツ現場では、動体視力の向上に

取り組んでいる人はとても少ないでしょう。


小中高校の部活やクラブで一番取り組むべきことは、

読書量を増やすこと。内容を覚えようとする必要はありません。

とにかく文章に速く目を通すことが大切です。


どーせ、理解しながら教科書を読んでも大人になったら

ほとんど忘れてますから大丈夫です。


でも、同じ本でも何度も速読を繰り返していると

自然と内容が理解できてきます。そんなもんです。


日本の学校教育上、目からの情報を音に変換して

言語を処理します。実際のところ効率が悪い。

速読は、音に変換せずに読む方法です。

だから、速く読むことができる。

言語と音を切り離すことで、処理速度を上げるんです。


音変換を止めると、目からの情報が体と連動するよう

になってきます。そうです、これが反射神経です。


声を出して本を読むより、とにかく速く読み終わることで

動体視力は上がります。上がれば当然、本の内容も

理解できるようになります。


動体視力を必要とするスポーツでは、

動体視力の向上を最初に取り組むべきですね。


むしろ幼少期から動体視力を向上させておけば、

大抵のスポーツで活躍できるようになるでしょう。


やっぱり、文武両道が大切ということですね。


ブログの内容が良ければ「いいね」お願いします。

寝返りの回数が少ないと・・・

   
こんにちは、久留米の整体院よらくの山本です。
中学まで鼻炎と小児喘息で、10時に寝ても
4時以降にしか寝付けませんでした。
それが普通だと当時は思ってました。
今思えば、不眠症ですね。
今日のお話は寝返りの極意です。


健康な人ほど寝返りが多い。

肩こり腰痛持ちな人ほど寝返りが少くなる。

筋肉が硬い人ほど寝返りが少なくなる。


起床時に腰が痛い、体がゴワついて動き難い

など、朝から憂うつなスタート。



ネットで調べてみると、

寝る前に筋肉をほぐす体操をしましょう!

的な記事が多い。


まぁそれはそれで、いいかなと思うけれど・・・。

経年的に別の不調が出るだろうねって思います。


寝返りが少なくなる根本的な原因は、

感覚神経の衰えです。

感覚が鈍感になってるから負担に気が付けない。

力も抜けないから負担が増える。




だから、黙って乾布摩擦をしましょう!

乾いた”タオル”や”柔らかいたわし”など

肌に当てて心地よく感じる物でやるといい。


摩擦によって皮膚の感覚神経を活性化させると、つられて

深部の感覚神経も活性化します。


毛細血管が広がって、隅々まで

血液が循環できるようになる。


特に、腰回りや背中、うなじが衰える。

胸、腕の付け根、踵、膝、おしり周りも衰えやすい。


呼吸が浅い人は、首筋(鎖骨の上)
、側胸部(脇の下の肋骨)、みぞおち

を摩擦するといい。


昔の健康法と言えば、乾布摩擦!

一にも二にも乾布摩擦!

いっちに!いっちに!と掛け声をかけて

乾布摩擦!!!

体がポカポカしてくるのが目安です。


感覚神経が活性化すると免疫力も上がります。

寝返りが多くできるようになると

睡眠時無呼吸症候群が改善し、

脳卒中の危険性が低減します。

なによりも、目覚めスッキリ!


実は整体の手技でも、軽擦法・強擦法などがあります。

整体で摩擦法は基本中の基本。摩擦法が下手な人は、下手。


ちなみに

免疫力を上げる目的で冬にするイメージから

寒風(かんぷう)摩擦と誤記されますが

年中無休で乾布(かんぷ)摩擦です。

ブログの内容が良ければ「いいね」お願いします。

要領が「いい人」と「悪い人」の決定的に違う1つの特徴

    
こんにちは、久留米の整体院よらくの山本です。
高校時代、出席皆勤で表彰されたのが6人。
そのうちの一人です。遅刻もなし!
でも、誰よりも遅く校門を走って通過。
遅刻してないに職員室に呼ばれ
「来るのが遅い」と怒られました。
結果よりも過程が大事なんだなと最近になって
気づきました。
今日のお話は、要領を気にしていない人は
必読です。



「要領 いい人 悪い人」と

ネットで検索すると

4つの特徴・・・7つの特徴

みたいなサイトが目立ちます。


ほぼ性格診断みたいな内容ばかりで無意味。

はっきり言って、性格や思考の問題ではありません!

単純明快


動きにムダがあると要点がズレる


要するに、

左にある物を右手で取る人は、

大抵の事の要領が悪くなる。


特徴はこれ1つだけ。



一応、説明します。


「状況に合わせた体の動き」をしていない人は

単純に効率が悪い動きが多くなるのは当たり前。


徐々に姿勢が崩れ、見えている範囲が狭くなって

思考が断続的(間欠的)になる。

一連した思考ができなくなるから要領が悪くなる。


要領を良くする方法は以下です。

作業している場所に対して体を正面に保つ

右にある物は右手で取る。

左にある物は左手で取る。


少し遠い右にある物は、右足を一歩だして右手で取る。

少し遠い左にある物は、左足を一歩だして左手で取る。

体をねじらないこと。


要は、左にあって右手で使うのなら

左手で取って右手に持ち返る


そして顔は出来るだけ動かさず、目だけを動かして

顔は正面を保つこと。


目配りが出来るようになれば、

気配りも出来るようになる。


取りたい物をいちいち顔を向けて取とると

その都度、周りが見えなくなって

要領が悪くなる。


動きの効率を上げると、思考の効率も上がり、

物事を見る視野が広がりますよ。


要領が悪いなと自分で感じている人は

以上のことを気を付けてはいけません!

???

単純に動作を反復練習して、体で覚えてみましょう!


「反復練習すること」が効率を上げる一番の方法ですよ。


ブログの内容が良ければ「いいね」お願いします。

食べ過ぎるメカニズムを知ってお気軽ダイエット!

    
こんにちは、久留米の整体院よらくの山本です。
子供のころから、お腹いっぱいになると
機嫌が悪くなる性格でした。
お腹いっぱい食べて
幸せを感じられる人の気持ちが
分からない・・・36才独身です。
今日のお話は、つい食べ過ぎてしまう人は必読です。
お気軽ダイエット法~開幕!



時はまさにダイエット戦国時代!

多種多様なダイエット法が現れては消え、

消えては現れる


だがしかーし、日本に500年以上の歴史あるダイエット法が

存在した。それは・・・


他人の食事を見ない!


・・・。


「何言ってんだてめー」って聞こえてきそう。


まじめに

食事の食べ過ぎる原因として、

胃が拡張し過ぎていることが挙げられます。

特に、共食(キョウショク)と言って二人以上で食べるとき。


今は、食事にコミュニケーションを求める時代ですね。

なので、食事のときに人との距離が近くなる。

そうすると、自分が食べる分以外の料理が

目に入ってしまう。


胃は、自分の料理と他人の料理を分けて考えていない。

だから、自分が食べる以外の料理が目に入ると

その分も含めて胃の空間が広がってしまう。

そう、胃は馬鹿なんです!



注意しないといけないのが、家族で共食するとき。

中央にドーン!と大皿で家族分を出すと

大抵、全員が食べ過ぎる。


分かってます。後片付けが・・・って言われること。


でも、日本は東山文化のできた1400年代から

個人に配膳する『お膳』で食べる方法を

とってきています。


たとえ同じ部屋で食べても、鍋を囲っても

実は個食。お膳は、個人専用の特別な

空間を作ってくれてたんです。


だから、食事の時に会話すると叱らる。


ちゃぶ台が普及する1920年代まで

ずーーーーっと、そうだったんです。


まぁ当時は、油を使った家庭料理はほとんどなくて

水で濯ぐだけだったので、今とは洗う手間が違いますけどね。


話を戻しますが

お膳で食べるときは、自分と人との距離は

人一人分離します。気に止まらない距離です。


それは、

目の前の料理に携わった全ての人に

料理の材料となった命に

感謝するため。

食べることに集中するため。


米粒一つ無駄にせずに体に摂り入れるために

残さず味わうことが感謝(礼儀)

だったんですね。


これは、食の貧しい時代の知恵です。

お腹いっぱい満腹になるまで全員が食べれば

食材が足りなくなるでしょう。


冷蔵庫や保存料などなかった時代に

必要最小限での料理で、腹七分目まで満たす知恵。

言い換えると健康法です。


食事をコミュニケーションの場として

日常的に使うのは外国文化の影響です。


でも、日本でも昔から宴会として特別な日には

食事をコミュニケーションツールとして

行っていました。


なので、宴会の席では「頂きます」はしません。

あくまでも宴会は、コミュニケーションがメインなので。


食べ過ぎてしまう人は、家庭での食事は

大皿でドーンと出すのは”祝日限定”などと

決めてみると良いでしょう。


平日は出来るだけ個人に配膳をして味わってみましょう。

ダイニングテーブルで家族揃って食事するときは

どうしても近くなります。ランチョンマットなどで、

意識に『個』を取り入れましょう。


もちろんですが食べ過ぎの理由は、一つだけではありません。

噛む回数が少ない、ストレスが多い、作りすぎなど

他にも色々あるかと思います。でも、幼少期からの家庭習慣が

切っ掛けになっている人は少なくないのではと思いますよ。


もし、今日の内容に当てはまるようなら、試す価値ありと思います。

あ!テレビに映っている料理も食べ過ぎる原因になりますよ。

胃は、馬鹿ですからね。


ブログの内容が良ければ「いいね」お願いします。

今や常識?「背骨はS字が良い」というのは3割ウソ





こんにちは、久留米の整体院よらくの山本です。
突然ですが私は、ゴールド免許です。
狭く短いS字カーブを攻略するコツは、
・内輪差を頭に描くこと。
・見えていない所をイメージで補うこと。
・さらに姿勢を変えて目視すること。
だそうです。
4年以上運転していないので、忘れてました。
違った!体のS字についてのお話をしなければ・・・。


最近は健康番組が多くて、大抵の人は知っている話。

「背骨はS字が良い」

実はこれ、3割ウソです。


は?3割??

ってなりました?


これは、日本人の平均睡眠時間(7時間42分)の
                (総務省統計局調べ)
24時間に対しての割合です。

活動時間が7割なので、7割がS字。

睡眠時間が3割なので、3割がフラット。


そうです。寝ているときまでS字が良いわけではない。


胎児はC字。

乳幼児の背骨はフラット。

首が座ると頸椎に前弯が出来た証拠。

立ち上がり始めたら、腰椎に前弯が出来始めた証拠。

走り回れるようになったら、全体の弯曲が調和した証拠。


重力が背骨に垂直にかかることでS字を獲得していく。

これは、S字を作るための神経と筋肉が

繋がる順番でもある。


二足歩行時の重力からの負担に対抗してS字になる。

人以外は、S字の脊椎動物は存在しないのもウソ。


「反省猿」で有名な猿回しの次郎は

腰椎の前弯があり、S字の背骨だった。


背骨のS字は、生理的弯曲ではなく

二足歩行への適応反応。


寝ているときは、リセットされて

乳幼児と同じフラットバックが理想。


「背骨は生理的にS字になっています。

ですからS字カーブを保てる寝具が理想なんですよ。

S字をサポートする寝具を使うことで筋肉の

負担が減り快眠ができます」


うーーーそ!ウソ!嘘!


単純に”寝てもS字を解除できないほどのコリ”があるだけ。

精神的疲労が多い交感神経型の人に起こる現象です。


どんな人でも

動きまくって、ヘトヘトに疲れて、

バタンキュー(死語)

翌朝スッキリ!


強い肉体疲労は、強制的に交感神経がシャットダウン。

力が抜けてぐっすり眠むれます。

肉体的疲労だけの人は、どんな寝姿勢でも寝られます。


子供には、体を動かす遊びを

満足するまでさせてあげましょう。


大人は、寝具なんかにお金をかけずに

好きな歌や詩・短歌などを時間をかけてゆっくりと

声をながくひっぱって歌い(詠い)ましょう。


最低でも5~7分。理想は、15分ほど。

強制的に力が抜けますよ。慣れると早くなります。

朝夕に、お経を唱えてもいいですけどね。


理想的なS字の弯曲を導く方法は、さすがに有料・・・。

ヒントは、「〇に始まり、〇に終わる」ってことで!

ブログの内容が良ければ「いいね」お願いします。

このページのトップへ