HOME > ブログ > アーカイブ > ぎっくり腰

ブログ ぎっくり腰

春はぎっくり腰が多い季節    2月29日㈯よらくの予約状況

整体と足つぼ『整体院よらく』久留米花畑
おかめ桜

盆栽をしていると、植物たちに春の訪れを感じさせられます。

この時期は整体院の「ぎっくり腰」お客さんが増えます。

気圧の季節的な変化は自律神経の変化を引き起こします。



春はぎっくり腰が多い季節    2月29日㈯よらくの予約状況の続きを読む

与楽流正座法 正しい正座とは

整体と足つぼ『整体院よらく』久留米花畑 正座・ぎっくり腰・腰痛・生理痛・骨盤矯正・姿勢改善
与楽流正座法
姿勢の理論を理解することで、無理なく美しい姿勢を維持することができます。
正座法を繰り返すだけで、腰痛や肩こりも消えます。
正しい動きは正しい姿勢を作り、美しい姿勢や動きは無駄がなく負担を最小限に抑えることができます。


与楽流正座法 正しい正座とはの続きを読む

ぎっくり腰に注意の季節が近づきました。


ぎっくり腰で来院された方
後屈をしてもらうと、全く動けない。


ぎっくり腰には、季節的な偏りがあります。

ぎっくり腰を経験している方のほとんどが、春と秋です。

もちろん、夏や冬にも起こりますが春と秋が圧倒的に多い。

これは、気候性のぎっくり腰があるということ。「病は気から」の代表と言ってもいいでしょう。気候の気です。

平均気温23℃を境に体の代謝が切り替わると言われています。

気圧と気温の変動に体が対応できずに、リンパ流や血流が悪くなり筋疲労がいつもより増す又は回復が遅れることで引き起こされます。

ぎっくり腰は癖になると言われることがありますが、これは間違い。

ぎっくり腰になりやすい体の使い方をしているせいです。


文章では伝わりにくいですが、ぎっくり腰になりやすい体の使い方を簡単に説明してみます。

力を入れることと動かすことを勘違いしている人

重たいものを抱えるときに、腰を落としてグッと十分に力を入れてから持ち上げる。

ぎっくり腰になります!

グッと力を入れたときに上がっていないのであれば、その力は体を固定する力です。

動かす持ち上げる力ではありません。

単純に体を固めてそこから動かせば、関節面に想像を超える力が一瞬働きます。

1トンは軽く超えます。

指を開いてグッと力を入れて固定した状態で、一瞬で握ってみてください。

指に痛みが走ります。これが、腰で起こればぎっくり腰となります。


筋疲労が蓄積している状態で、尋常ならざる力が働くと筋肉が完全に弛緩します。

腰が抜けた感覚です。動くと激痛、それがぎっくり腰。

言葉での説明だけだと、伝わりにくいですね。

出来ていない人にとっては、想像すらできないチンプンカンプンかも・・・。


ひどい人になると腰部の許容量が下がりきってしまい、くしゃみでもぎっくり腰を起こします。

特にリンパ・血流が下がりやすい季節の変わり目が許容量が知らずに下がっていることは少なくありません。

事前にケアをして、体の使い方を練習することでぎっくり腰を避けることができるでしょう。
整体と足つぼ『整体院よらく』久留米花畑 ぎっくり腰・腰痛・急性腰痛症
触らずに10分ほど与楽流独自の動作を繰り返してもらうと
しっかりと後屈できた。


熱中症と腰痛につてい  速報8/12よらくの予約状況

暑い日が続きますね!熱中症対策はしていますか?
先日も熱中症について書いたのですが、かなり重要なことなのでもう一度!

熱中症と腰痛につてい  速報8/12よらくの予約状況の続きを読む

ぎっくり腰はとにかく冷やせ!

6/5本日も多くの方のご来院ありがとうございました。

本日お越しくださったご新規さまにお一人が「ぎっくり腰」でした。同業者さんのようです。
何をしても腰に響いて、とにかく楽に息が出来ない状態でしたね。

ぎっくり腰はとにかく冷やせ!の続きを読む

ニースでこんなものが紹介されてた件

久留米市花畑の整体院よらくの山本です。
iPhoneでLINEニュースを読んでいたときに
大好きな話題のニュースを見つけました!
今日はそのニュースを考察してみます。

そのニュースはこれだ!!!


ニースでこんなものが紹介されてた件の続きを読む

「ぎっくり腰」独自の分類と対処法と整体による施術効果


「ぎっくり腰」独自の分類と対処法と整体による施術効果

目次
・はじめに
・ぎっくり腰とは
・ぎっくり腰の分類
・ぎっくり腰になりやすい人の習慣
・ぎっくり腰が癖になるとは
・ぎっくり腰は時期がある
・ぎっくり腰の対処法
・よらく流整体での治し方
・まとめ


「ぎっくり腰」独自の分類と対処法と整体による施術効果の続きを読む

1

« 生理痛 | メインページ | アーカイブ | 股関節痛 »

このページのトップへ